第81回多摩独 贅の会 マグロで、酒を食む

Description

贅の会。口幅ったい言葉を敢えて使わせていただきます。


多摩独酌会がお届けする贅沢は、お金にモノを言わせた贅沢ではなく、

人との出逢いであり、一期一会の時が紡いだものと考えて行います。


織りなす美事な一瞬を、共に興じる。この機会を[贅の会]とします。


今回は逸品のマグロで、絶品なる味わいを楽しむことを目的に、

西麻布にある[寿司勇]にて、[マグロで、酒を食む]として

150分の座を持たせていただきます。


極めつけのマグロは、築地で八代続く、知る人ぞ知る仲卸である

[樋長(ひちょう)]から、寿司勇の華板を務める島崎大輔氏が

精一杯の目利きを活かして、稀少なマグロを買い求めていただき、

[会食形式]で、その贅の味わいを楽しむものといたします。


供される酒は当日まで秘密。そのマグロとのパワーバランスを

考えて、選りすぐりの日本酒をお届けいたします。


いわば、[心の遊び]をお楽しみいただく催しとなります。


[11月23日(祝) メニュー確定]--------------------------------------------

[ 御料理]
一番箸:山かけ
    当然、鮪です。が、どの部位が使われるかは当日の鮪具合。
    多くのお客様の舌を満足させてきた店主自らが造ります。

二番箸:ぶり大根
    この時期の鰤は脂がのっていて、旨味たっぷりの味わいです。
    それをどうしても食べていただきたいとご用意するとのこと。
    
三番箸:鮪の刺身、鰤の刺身
    赤身、中トロ、大トロと鮪でご用意する他、鰤も刺身で食して
    いただきたいということで盛り付けますが、基本は鮪です。
    
四番箸:干物
    鍵を握るのは塩水とその時の魚の脂具合を見切る目利き。
    塩水濃度は一定。浸ける時間は身の厚さ、脂の持ち具合で
    その加減を決定。お試しにいかがかと誤用くださいます。
    
五番箸:赤身、中トロ、大トロの握り、大トロの炙り、鮪の巻物。
    寿司屋ですから、と居酒屋とは違うということで、最後の
    締めはこの日の鮪を握っていただきます。

後味箸:当日のお楽しみということでご用意させていただきます。

※普段は○番箸という呼び方はいたしません。この時は出てくる順番に
 合わせて、そのように呼ばせていただきます。ご承知おきください。

[ 日本酒 ]
見立ては多摩独酌会・今井が務めます。が、当日の鮪とのパワーバランスも
ありますので、その種類についてはベターチョイスであると思われるものを
ご用意いたします。
なお、普段の寿司勇では三千盛の特別酒が供されますが、この時はそれも
含めて、それ以外の日本酒を数種類、ご用意させていただきます。


なお、写真のマグロは当日のマグロと異なりますことを、予め

ご承知おきいただけますようお願いいたします。少なくとも、

ご案内させていただいているマグロより佳いものをお届けする

よう心懸けていただけることになるでしょう。


◆参考ブログ:おいしい酒が好き!◆ 適時更新中!

https://dokushakukai.theblog.me/

[ご注意]

  1. 12月10日(土)以降のキャンセルは、品揃えの都合上、承れません。
  2. チケットの譲渡については、ご購入いただきました方の責任で行っていただきます。
  3. キャンセル手続きは、当会へのご連絡→Peatix処理という流れになります。
  4. 開宴時間に遅れる場合には、寿司勇[ 03-3403-6467 ]までご連絡ください。
  5. 本会のお問い合わせは、Peatixのメール経由でお願いいたします。


Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2016-11-23 07:12:31
More updates
Sat Dec 17, 2016
6:00 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
寿司勇(西麻布)
Tickets
贅の会・御飲食代 ¥21,000

On sale until Dec 10, 2016, 9:00:00 AM

Venue Address
東京都港区西麻布1-4-15 Japan
Organizer
多摩独酌会
287 Followers
Attendees
3 / 30